2013年10月21日

少林拳術 羅漢拳

すでにだいぶ時間がたってしまったが、松田隆智氏が亡くなられた。
中国拳法を日本に紹介した草分け的な方であった。
ご冥福をお祈りするしだいである。

かくいう自分も、高校生の頃から氏の著作には大変お世話になった(笑)。
NHKの特集番組上で行われた、松田氏の弟子であった竹井氏の表演に電気ショックを受けたなあ、、、苦笑。
その表演型の「蟷螂崩歩拳」をずいぶん練習したものだが、結局、まともに順番すら覚えられない始末、、、滝汗。
少年時代の懐かしい思い出だ。

中年に成り下がった今の自分は、格闘技としての拳法からは離れ、養生法としての気功法に注心している次第である。

今回は、松田氏の著作の中でも、格闘技としての拳法の基礎訓練としても有用な練功法が収録されている一冊を紹介したい。




少林拳術 羅漢拳





松田隆智
土屋書店


2005.8.25



目次
・序編
少林寺の歴史など
・基礎知識編
基本姿勢など
・套路編
羅漢拳解説
・対錬編
対錬解説、散打解説
・練功編
羅漢功、易筋行、鉄砂掌


本書に収録されている「羅漢」と「易筋行」は、巷に出回る養生法として軟弱化された体操とは異なり、激しい動作を含む「格闘技の体作り」のための練功法として有用なものである。
さらに、鉄砂掌の錬功法と薬水の製法まで紹介されている。
現在のところ、国内では格闘用錬功法を紹介する類書は存在しないようだ。
中国拳法の基礎訓練と体作りにおすすめだ。


posted by ポンタ at 22:58 | Comment(0) | 気功・仙道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

心と体を変える “底力” は “腸” にある 腸脳力 [単行本] / 長沼敬憲 (著)

腸の能力を高める事により、ミトコンドリアを活性化させ、生命力をアップさせよう。
本書のキーワードは「腸を元気にすると、脳も元気になる」ということ。
かつての日本人が持っていた、「底力」と「元気」を取り戻そう。


心と体を変える “底力” は “腸” にある 腸脳力 [単行本]




心と体を変える “底力” は “腸” にある 腸脳力 [単行本] / 長沼敬憲 (著); BABジャパン (刊)

長沼敬憲
BABジャパン
2011.12.14



目次
・第一章「食事が腸を変え、腸が心と身体を変える」
・第二章「コメと腸、脳のつながり」
・第三章「細胞から若返る最新免疫学」
・第四章「まずミトコンドリアを元気にしよう」
・第五章「目に見えない菌たちとつきあう方法」
・第六章「心の起源は腸にある?」
・第七章「直感力を身につけ、世界とつながる」

(続きを見る)

本書の内容は、月刊誌「秘伝」で連載されていた記事を書籍としてまとめたものです。
最近大人気となっている南雲吉則氏の著作を読み、「もっといろいろ知りたい」という方におすすめ。
腸の活性化、ミトコンドリア活性化、若返り、能力活性化を目指しましょう。

オンライン書店リンク



楽天ブックスで詳しく見る

腸脳力


amazonで詳しく見る

心と体を変える “底力” は “腸” にある 腸脳力 [単行本] / 長沼敬憲 (著)


posted by ポンタ at 21:44 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする