2016年11月20日

画相で透視する方法―【復刻】量亀流透視観相鑑

職業透視者?として活躍した著者の幻の著作が復刻。
ただの占いや、霊感透視とは異なり、人の顔に現れる相を見て、人の未来と運命を見通した能力を150例をあげて公開。

画相で透視する方法―【復刻】量亀流透視観相鑑(太玄社)

亀田壱弘
ナチュラルスピリット
2012.5.24


量亀流透視観相の基本(量亀流透視観相(画相)について
画相を見るには
画相の種類と現れ方 ほか)
量亀流透視観相鑑定集(巻の上 其の一から其の七十五
巻の下 其の七十六から其の百五十)
量亀流透視観相の応用(量亀流家相法
家相による吉凶の実例
霊魂に関する余の体験 ほか)


著者は「透視術入門―千里眼による未来の発掘」という、稀有の透視能力の体験談をつづった名著の著者でもある。
(この書は現在は入手不可能)

今回の「画相で透視する方法―【復刻】量亀流透視観相鑑(太玄社)」も、長らく絶版であったのが幸運にも復刻されたもの。
人の顔に、当人の未来、運命、隠されたものが相として現れて見えるという、「画相透視能力」の実例談をつづった本書は、本物の超能力者の能力の活用という点において非常に貴重。

具体的には、失せもの探し、結婚の吉凶、株の騰落、職業の吉凶、霊障の有無など、多岐にわたる。
何よりこの書が稀有なのは、それらの透視判断において、どのような画相が現れたのかが、逐一イラストとして描かれている事だ。

人相術においては、画相を見ることは最終奥儀とされる。
奥儀の実例を、具体的な練習方法を含め、ここまで具体的に現した本書は人類の宝物とさえ言ったら、言い過ぎか。
posted by ポンタ at 18:48 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。