2016年05月31日

からだと心を整える「食養生」

東洋医学の視点から、健康な生活にとって本当に必要な「食養生」の基本の考え方をお伝えしようと思います。
この本を読んだら早速実践してください。
数か月続けると心とからだの変化にきっと気づくはずです。
「著者より」




からだと心を整える「食養生」 ――食より大切な思考と実践

辻野将之
講談社
2015.1.25


目次
・第一章 健康情報にふりまわされる現代人

・第二章 日本人は何を食べればいいのか

・第三章 からだを整える食べ方

・第四章 水の飲み方

・第五章 呼吸と運動

・第六章 太陽のリズム

・第七章 心の養生

・第八章 食べる事は命をいただくこと

・第九章 調味料の選び方

・第十章 現代の食養生

・食養生活用編


「食養生」というタイトルではあるが、いわゆる漢方の薬膳の本ではないです。
つまり、マクロビオテック関係の本。

最初手に取ったとき、「ああ、どうせカッチコッチの玄米菜食本だろうなあ」と思っていたが、読むうちに、良い意味で予想を裏切られました。
著者が説くのは、「からだと心を整える」ための食用であって、動物を食べないから殺生していないとか、動物食イコール脊髄反射的に悪いとは決めつけてないということです。
(植物だって立派な生き物です、苦笑)
お酒や肉魚や砂糖であっても、ダメではなく、種類と取り方を選べばよいと著者は説きます。

何より、この本は巷にあふれるダイエット本や健康本ではなく、「からだと心を整える」ための本なのです。
からだと心を食養生によって整えることこそが、人間本来の食べ方、眠り方、生活の仕方を取り戻すために必要なことであり、結果としての健康と幸せなのだと著者は説いています。

圧巻なのは、最終章の「食養生活用編」。
健能×食養生、長寿×食養生、三大疾患×食養生、出産育児×食養生、緊急時×食養生などなど、実際のケースバイケースでの具体的な食養生実践法がわかりやすく書かれており、役に立つ本です。
posted by ポンタ at 00:12 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。