2007年03月17日

病気にならない人は知っている

全米900万部の記録的ベストセラー。アメリカ人の健康観を変えたダイナマイト本、ついに日本上陸!
本来人間は120歳めで生きられる。野生動物には心臓発作もガンもない。医者と薬とファーストフードを今すぐやめろ!

本書の著者ケヴィン・トルドーを、ある日突然襲った心臓発作。
現代医学では治験薬の投与と危険な手術で延命しても余命わずかと宣告された、その心臓の病気は、海外の自然療法によって簡単に完全治癒してしまうのだった。
あろうことか、その画期的な自然療法はアメリカでは違法な治療行為なのだと言う。
そこから、著者の「隠された真実」を探求する人生が始まった。


「病気にならない人は知っている」


著者 ケヴィン・トルドー
出版社 幻冬社
出版年月 2006.11


主にアメリカにおいて、なぜ、ガンになる人は減らないのか?
なぜ、肥満や高血圧に悩む人が増え続けるのか?
著者によれば、そこには大気汚染や増加するストレスなどの要因もあるが、以下のような「人為的な」要因もあるのだという。

*本当に効果のある療法や薬品の使用が意図的に一般大衆の目に触れないように隠蔽されていたり、法律によって利用を許可されていない。

*食品業界(とりわけファーストフードメーカー)は、食べた人がやみつきになるような、食べれば食べるほど食欲が増すような成分を研究し、食品に混合させている。
いわゆる「ダイエットフード」は、往々にして逆効果を産むように作られている。

医者にしてみれば、難病患者が増えれば増えるほど儲かる。
食品メーカーにしてみれば、消費者がどんどん食品を買いまくってくれればくれるほど儲かるということなのだ。
全ては、株式会社としての利益追求のため。

では、どうやって、このような現代社会の中で、健康を取り戻していけるのだろう?
本書には、国民の健康よりも利益のみを追求する企業や国へのアンチテーゼだけでなく、真の健康を取り戻す為の具体的な実践方法も紹介されている。
自然療法の科学的根拠がどうのこうのとか、食品業界の裏が果たしてどうなのかという根拠を疑問視する向きもあるようだが、『論より証拠、疑うより実際に効果のある方法を実践してみる」という著者の姿勢に共感を覚える。

食品業界の裏事情を暴露したり、食品添加物の内容を公開した本もあるが、本書では自分の健康を回復させるための具体的方法も書かれている。
医学界や食品業界が顧客に何を隠しているのか、その真実を知り、自分の健康を自分で守るための自己防衛の本。

内容紹介
ハンバーガーを食べるな!日焼け止めは塗るな!水道水は飲むな!歯磨き粉は使うな!牛乳は飲むな!電子レンジは使うな!風邪薬・抗生物質をのむな!ダイエット食品を食べるな!ひとつやめれば体調がよくなり、全部やめれば長寿になる。

1 私はこうして自然療法と出会った
2 なぜ私たちは病気になるのか
3 二度と病気にならないために
4 なぜ私たちは太るのか
5 食品成分表示の本当の読み方
6 あなたの病気に対する「自然療法」
7 国民の健康を食い物にする大企業
8 病気にならないために知っておくべきこと


オンライン書店リンク

紀伊国屋bookWEBで詳しく見る
病気にならない人は知っている

オンライン書店boopleで詳しく見る
病気にならない人は知っている icon

楽天ブックスで詳しく見る
病気にならない人は知っている

amazonで詳しく見る
病気にならない人は知っている

posted by ポンタ at 03:40 | Comment(3) | 美容・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして^^

私のサイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/daiet_blog1/archives/53217325.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
Posted by ダイエッコ at 2007年03月17日 04:54
初めまして!

突然のコメント、失礼します。

私のサイトでこちらの記事を紹介させて
頂きましたのでご連絡させていただきます。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/kabu_gaitame/archives/53135397.html
です。
Posted by 株式外為どっとcom のJun at 2007年03月17日 07:39
ダイエッコさん、株式外為どっと.comのJunさんありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。
Posted by ポンタ at 2007年03月22日 01:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。