2006年10月23日

悪魔のマーケティングータバコ産業が語った真実

欧米タバコ産業の内部文書が明らかにしたタバコ・ビジネスのすべて。
世界保健機関WHOも公式に取り上げた驚愕のドキュメント、ついに邦訳。

「悪魔のマーケティングータバコ産業が語った真実」


著者 ASH(Action on Smoking and Health)【編】・切明 義孝・津田 敏秀・上野 陽子【訳・解説・編】
出版社  日経BP出版センター
出版年月 2005.01

目次紹介
第1章 タバコと健康
第2章 ニコチンと依存性
第3章 子供たちを喫煙者に
第4章 タバコ産業の広告宣伝戦略
第5章 新しいタバコの開発―添加物/低タール/“安全な”タバコ
第6章 受動喫煙の恐怖
第7章 新興市場を狙え―アジア、アフリカ、旧東欧
第8章 「女性」という最後の巨大市場


内容紹介
日経BP企画
悪魔のマーケティング
 「タバコ産業は自らが作り上げてきた巨大な怪物(喫煙者)に餌を与え続ける方法を探さねばならない。もはや発展途上国でタバコの販売量を増やすしか道はないのだ」――。欧米の元たばこ会社社員のこうしたコメントこそ、たばこ産業の本質を物語っていると編者らは指摘する。

 本書は、英国で喫煙率低下のための運動を推進する民間健康推進団体ASH(Action on Smoking and Health)が、欧米のたばこ産業の内部文書などを基に、同産業が世界に向けて発信し続けてきたメッセージの欺瞞や、その裏にある“本音”を暴き出そうとするものだ。
たばこ産業は、1950年代には既に喫煙と肺ガンの間の因果関係に気づいていたはずだと言う。
「科学的に証明された事実を無視し続けるのはうんざりだ」と、たばこ会社の元研究者が告発する一方で、公式には90年代後半に至ってもなお「様々な見方がある」などと曖昧な見解しか示していない現状を憂える。
また、聞こえのよい宣伝文句とは裏腹に、同産業は「未成年者にどうやってタバコを売り込んでいくか」に注力してきた実態があると糾弾。
「タバコなんざ、ガキや貧乏人に黒人、あとはバカに吸わせておけ」など、耳を疑うような内部関係者の発言が次々に紹介されていく。

(日経ビジネス 2005/03/14 Copyright(C)2001 日経BP企画..All rights reserved.)

出版社 / 著者からの内容紹介
タバコは健康に悪く、発ガン性がある。タバコに含まれるニコチンは依存性が高く、タバコとは麻薬の一種に他ならない――欧米のタバコ産業は1960年代からこの事実を知っていた。そのうえで事実を隠蔽し、ニコチンの依存性を利用して、子供と女性と途上国の人々をターゲットにマーケティングと宣伝とPRをし、商品開発を行い、彼らをタバコ中毒に陥れ、巨万の富を築いてきた――。
マルボロマンやオールドジョーのCMは実は子供向けだった! F1にスポンサーをしていたのも子供たちの間でブランド認知度を上げるためだった! 女性向けの「ライトタバコ」は健康に良くないどころか、タバコ消費量を上げる格好の発明だった! ――一連の欧米タバコ産業の「悪魔のマーケティング」の真実が、タバコ訴訟の過程で公開されたタバコ産業自身の内部文書によって、いま明らかにされる。
英国のNGOがインターネットで配信し、世界保健機関WHOも公式に取り上げた衝撃のドキュメント、はじめての邦訳!
(amazonより)

誰が何と言おうと、タバコは健康に悪い。
加えて強い習慣性を持つ。
タバコ業界は否定してきたこれらタバコの弊害だが、実は以前から「わかっていた」のだ。

さらに、近年のタバコは風味を良くするためにさまざまな香料や添加物が混入されているが、これがニコチンと結びついて体内に蓄積される時、どのような実害が発生するのかわからないという噂もある。

タバコを販売する側から隠蔽されてきたタバコ販売の裏側を暴く書。
その習慣性や毒性をいかに隠して、良いイメージを植え付けるかに腐心してきた真実を知ることができる。

残念なのは、amazonレビューにもあるように、本書はぜひ喫煙者にこそ読んでもらいたいが、彼らはお金があっても、この高価な本を買うよりは、タバコの方の散財に当ててしてしまうだろうということだ。
それは、健康と人生の散財でもあるのだ。


オンライン書店リンク

紀伊国屋bookWEBで詳しく見る
悪魔のマーケティングータバコ産業が語った真実

オンライン書店boopleで詳しく見る
悪魔のマーケティングータバコ産業が語った真実 icon

楽天ブックスで詳しく見る
悪魔のマーケティング

amazonで詳しく見る
悪魔のマーケティングータバコ産業が語った真実

posted by ポンタ at 19:48 | Comment(2) | 美容・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい本ですね、ちなみに私はタバコが嫌い!
応援しにきましたから〜〜
Posted by よろずや at 2006年10月23日 23:46
>よろずやさんこんばんわ

わたしもたばこを吸わない派なので、このような本が増えてくれる事を祈っています。
大嫌いなたばこの煙を吸わされた上に、健康被害まで被るのはイヤですね。
Posted by ぽんた at 2006年10月24日 01:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。