2006年03月04日

アーユルヴェーダ&マルマ療法

ヨーガ、アーユルヴェーダ、アロマセラピー、マッサージ、あるいは自然療法を学ぶすべての人にとって必携の参考書です。

アーユルヴェーダ&マルマ療法ーヨーガ治療のエネルギー・ポイント

出版社 産調出版
出版年月 2005.02

amazonで詳しく見る
アーユルヴェーダ&マルマ療法

紀伊国屋書店で詳しく見る
アーユルヴェーダ&マルマ療法

オンライン書店boopleで詳しく見る
アーユルヴェーダ&マルマ療法 icon

楽天ブックスで詳しく見る
アーユルヴェーダ&マルマ療法

「アーユルヴェーダ&マルマ療法」は、欧米人のドクターが加わり、現代の人々にもよく解るように著されたマルマ療法の本です。

107の主要マルマの位置、特性、そして用法を明確に示し、マッサージ、アロマ、ハーブ、ヨーガなど、さまざまな方法でマルマをどう扱えばよいか、詳しく説明しています。

ヨーガ、アーユルヴェーダ、アロマセラピー、マッサージ、あるいは自然療法を学ぶすべての人にとって必携の参考書です。

第1部 マルマ概論―ヨーガとアーユルヴェーダのエネルギー・ポイント(マルマ―ヨーガとアーユルヴェーダのエネルギー・ポイント;アーユルヴェーダ治療の体系とマルマ療法;マルマの特性と分類 ほか)
第2部 マルマとその療法(マルマ図とマルマ療法の概要;腕と手のマルマ;脚と足のマルマ ほか)
第3部 追加資料および補遺(マルマ療法における器具の使用―瀉血・鍼・アグニカルマ・クシャーラカルマ;マルマ鍼灸(アーユルヴェーダ式鍼灸治療)
マルマの名称と分類 ほか)

「アーユルヴェーダ」はインド伝承の民間療法ともいうべきもので、日本でもすっかりおなじみとなっています。
では、「マルマ療法」とはどのようなものなのでしょうか?
こちらは国内での知名度はかなり低いようです。

「マルマ」とは直訳すれば「死に至る急所」。

イメージ的に例えると中国医学で言うところの「ツボ」に相当します。
アーユルヴェーダの本場インドでも、マルマは秘伝として近代まで一般には殆ど公開されていませんでした。

中国の気功や鍼灸でツボや経絡の知識が不可欠であることと同じく、マルマの知識こそが、インドのアーユルヴェーダやヨガの本当の効力を発揮させるための肝心要と言えるでしょう。

マルマ医学においては、マルマに蓄積された異常がやがて死に至る病の原因となるというような考えがあり、その異常を取り除くためには中国医学のような鍼灸は使用せず、オイルマッサージ、ヨガのアーサナ、アロマなどを用います。

(アーユルヴェーダやマルマ療法においては、オイルは人体に良い浸透力があることが知られており、薬草の成分をオイルに混ぜてマッサージに使用します)

本書はインド医学の秘伝の要とも言えるマルマ療法とアーユルヴェーダを合わせて、専門的な内容ですが現代的にわかりやすく解説しています。

マルマを解説した本は国内ではあまり種類がないので貴重です。

その他、マルマを使った実践的健康法のおすすめ本
(オリジナルイラストと、味のある内容が面白く役に立ちます)
秘伝マルマツボ刺激ヨーガ
byamazon
当ブログでの紹介ページ
秘伝マルマツボ刺激ヨーガ
posted by ポンタ at 22:57 | Comment(0) | 美容・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。