2006年01月29日

決定版 ゲルソンがん食事療法

がんという難病に「食事療法」という画期的な「療法」が存在する事を世に知らしめた前著「マッックスゲルソンガン食事療法全書」の最新続刊。
ゲルソン博士の娘によって新たに加えられた治療手段についても詳しく紹介。
「決定版 ゲルソンがん食事療法」

著者 シャルロッテ・ゲルソン モートン・ウォーカー 阿部 孝次
出版社 徳間書店
出版年月 2002-09

amazonで詳しく見る
決定版 ゲルソンがん食事療法

紀伊国屋書店で詳しく見る
決定版 ゲルソンがん食事療法

オンライン書店boopleで詳しく見る
ゲルソンがん食事療法ー決定版 icon

楽天ブックスで詳しく見る
ゲルソンがん食事療法

目次紹介
栄養が癒す
ゲルソン療法の核
ガンの退行
黒色腫が治る
ゲルソン療法の食べ物
1日13杯のジュース
塩を抜く
食事以外の栄養補給
コーヒー浣腸による肝臓解毒
コーヒー浣腸のやり方
ガンのためのゲルソン療法 基本編
化学療法中の修正治療
衰弱したガン患者の治療
心を支える

本書で提唱されているゲルソン療法では、がんとは血液の汚れと免疫力の低下によって引き起こされたある種の「衰退性疾患」であると言う。
これにより、何がガンの原因となっているのか、それを治癒させるには何が必要なのか。
なぜ、現代医学の外科手術や対処的化学治療法ではがんを上手く治せないのかが説明できるだろう。

100%のがんの治癒を保証するものでもないが、絶望の淵に立つがん患者に確かな光明となることは間違いないだろう。
「ゲルソン療法全書」では、はっきりとカルテという形でがん治癒の経過を記録として載せている反面、治療が上手くいかなかった例、失敗した例もちゃんと載せている。だからこそ信用できると思える。
ただし、ゲルソン療法の実践には手間がかかるということを覚悟しておかねばならない。治すのは自分自身であって医者(外科医)ではないからだ。

がんの治療に触れた本は数あれど、これだけ治癒の実例のカルテを挙げ、はっきりと「治療」という実践法について書かれた本は数少ない。
がんに限らず難病に悩む人すべてに熟読をおすすめしたい。

尚、本書で解説されているものと同一のものではないが、手軽にコーヒー浣腸で腸内洗浄 がおこなえる商品がセット販売されている。
1回わずか280円で出来る腸内洗浄


その他おすすめの関係書籍(amazonへのリンクになっています)
ガン食事療法全書
おすすめ!

がんを治す食事療法レシピー代替療法と現代栄養学が一冊に
おすすめ!

ガンと闘う医師のゲルソン療法ー自らのガンを克服した精神科医が選んだ究極の栄養療法
がんの芽をつむにんじんジュース健康法
ガン勝利者25人の証言ー栄養療法でガンを治した!
おすすめ!

目次
第1章 ガン勝利者の証言(四十五年前、首にできた腫瘍はガンだった
ガンの診断と同時に栄養療法を始めた
手術もできないほどの前立腺ガンだった
余命数カ月の悪性黒色腫の宣告だった ほか)
第2章 ガン勝利者の栄養療法(栄養療法の理論と実際―副作用がないから不安なくできる
従来の療法との相違点―抗ガン剤、手術、放射線治療に対する大いなる疑問
栄養療法実施上のポイント―他力本願でなくみずから真剣にとり組もう)
告知されたその日からはじめる私のがん養生ごはん
論より証拠のガン克服術
がんの代替療法ー有効性と安全性がわかる本
TOPにもどる


おすすめ情報
posted by ポンタ at 00:54 | Comment(0) | 美容・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。