2006年05月29日

お医者さんも知らない治療法教えます

朝日新聞の医療記者による、一般的には広まっていないが効果のある治療法を紹介した本。
あきらめない!
「糖尿病」は逆転の発想で、、
「がん」まだまにあう、、、
「うつ病、統合失調症」治癒の過程が画像で見える
「認知症」早期の治療なら、、

「お医者さんも知らない治療法教えますー理論の正しさより『治る』ことが大事」


著者 田辺功
出版社 西村書店
出版年月 2005.10

目次
めまいや耳を治します
目は情報のもと
女性の悩みを解決
子どもは早いうちに
負担の少ない手術がある
長年の痛みよ、さようなら
歯科治療は「削る」から「薬」へ
QOL(生活の質)を上げる
がんでもあきらめず
難しい病気も大丈夫
脳・精神も回復する
進む脳外科手術と機器
病院より在宅で治す

学会の定説や常識にとらわれずに効果のある「新しい治療法」を多数紹介。
それらの治療法の多くは、医療の世界では一般に知れ渡っておらず、一部のお医者さんのみが、「実践の場で効果がある」ということで行っているものです。
怪し気な民間療法の類いとは全く異なるものです。

一般的に行われているものではないので、治療を行っているお医者さんのところまで行かなくてはならないのですが、各療法を行っている医院の連作先も銘記されています。
難病だからといってあきらめず、連絡してみる価値はあると思います。

本書にあるトピックの例
*抗ウイルス剤を使ったメニエル病治療法
*人口内耳で言葉を習得
*近視のコンタクトレンズ療法
*網膜色素変性症の漢方治療
*子宮筋腫の子宮温存療法
*硬化剤で治す脚の静脈瘤
*鍼・漢方薬・レーザーで不妊治療
*子供の包茎は塗り薬で治せる
*テレビが作る子供の言葉遅れ
*痔の革命的治療法PPH
*魔法の糸で痔ろうを治す
*むち打ちが治る
*虫歯治療は三種類の薬で
*歯を「抜く」「削る」から「接着」へ
*脳性まひの毒素治療
*透析を遅らす漢方
*(早期なら)認知症を治す
*パーキンソン病の電極治療
*うつ病、統合失調症が治る
その他多数。

オンライン書店リンク
amazonで詳しく見る
お医者さんも知らない治療法教えます

紀伊国屋bookWEBで詳しく見る
お医者さんも知らない治療法教えます

オンライン書店boopleで詳しく見る
お医者さんも知らない治療法教えます icon

楽天ブックスで詳しく見る
お医者さんも知らない治療法教えます


続きを読む
posted by ポンタ at 23:36 | Comment(0) | 美容・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

魂の文章術ー書くことから始めよう

書く事により己を高め、自由を手にする方法を紹介。

魂の文章術ー書くことから始めよう


著者名 ゴールドバーグ・ナタリー
出版社 春秋社
出版年月 2006.03

内容(「MARC」データベースより)
野生のエネルギーを解き放つ、みずみずしい文章術を身に付けてみませんか。
自分の人生の深奥まで探り、真正な人間になるための手段としての書く事についての本。

目次紹介
初心、ペンと紙
第一の思考
文章修行
こやしづくり 芸術的安定感
題材リストを作る
豆腐と闘う
内なる編集者とのトラブル
ミネソタ州エルクトン―目の前にあるもの
井戸を掘る〔ほか〕

文章術というタイトルにあるように、本書は文章の書き方の本である。
文章の書き方を教える類書と違う所は、単に上手い文章を書く事だけにとどまらず、文章を書くことにより己も高めていこうというところにある。
だからこその「魂の文章術」なのだろう。
かなりユニークな本ではある。

著者は30年にわたり禅の修行を行っているという。
詩人、作家、創作クラスの講師を勤める。
創作クラスにおいては、単に文章を書く事を越え、精神修行としての書く事を教えている。

オンライン書店リンク
amazonで詳しく見る
魂の文章術ー書くことから始めよう

紀伊国屋bookWEBで詳しく見る
魂の文章術ー書くことから始めよう

オンライン書店boopleで詳しく見る
魂の文章術-書くことから始めよう icon

楽天ブックスで詳しく見る
魂の文章術

posted by ポンタ at 00:42 | Comment(0) | 心、精神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

タオ、気のからだを癒す

人は誰も、肉体を超えた「気のからだ」に包まれている。
世界6カ国語に訳された名著「TAO SHIATSU」(気の経絡指圧)の日本語版、遂に刊行。

タオ、気のからだを癒す


遠藤喨及(えんどうりょうきゅう)
法蔵館
出版年月日 19963.3.20


タイトルに「タオ」とあるのだが、仙道のタオの本ではなく指圧の本。
単なるツボ指圧にとどまらない、人体を超えた「気のからだを癒す」というテクニックが東洋の英知であるタオにも通じるという意味で、このタイトルにタオという言葉が使われているのかもしれない。

普通、指圧というとツボを単に指で押すだけのように思われているが、本場中国などでは指圧といえども、経絡の気の流れと気の虚実に応じて補瀉を行う。
本来、指圧は鍼灸の鍼を指に持ち替えたような治療法で、人体の体質や病状、反応に対して非常に繊細な感覚が必要とされる。

このような指圧と、ツボと人体と精神の深い部分のつながりに触れた本は国内では少数派である。
それだけに、単なるツボ刺激の指圧の効果に不満のある人、東洋医学に興味のある人、気とツボの深い部分でのつながりに興味のある人におすすめしたい。

オンライン書店リンク
amazonで詳しく見る
タオ、気のからだを癒す

紀伊国屋bookWEBで詳しく見る
タオ、気のからだを癒す

オンライン書店boopleで詳しく見る
タオ、気のからだを癒す icon

続きを読む
posted by ポンタ at 02:09 | Comment(0) | ボディ・身体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

「秘法!超能力仙道入門」と「秘術!超能力気功法奥義」

仙道と気のブームを日本で巻き起こした伝説の高藤聡一郎氏。
同氏の著書は、古書で手に入れようとすると今や大変なプレミア本となってしまっている。
そんな中、現在新刊で、定価で手に入る唯一の高藤聡一郎氏の仙道書!
新書なので定価も非常にお手頃。


「秘法!超能力仙道入門ー天地に充満する”気”を錬成し超人になる」

著者 高藤聡一郎
出版社 学習研究社
出版年月1983.01

(表紙画像はショップ学研より、クリックでショップ学研商品ページにジャンプします)

仙道には“気”をコントロールし、あらゆる超能力を開発するテクニックが隠されている。本書は、“気”の目覚め、小周天、大周天、自分の分身を作り上げる術など数千年の歴史を持つ秘法の叡智をあますところなく現代に甦らせた実践の書である。

現在日本で入手できる仙道の実践法を書いた仙道書で、最も具体的かつ易しく書かれた本。
しかも、著者の実践に裏打ちされた修行法であり、類書にありがちな他の人の体験談や、教典にある内容を転載しただけの難しい抽象的なものではない。

【高藤聡一郎プロフィール】
1948年東京生まれ。東京都庁勤務ののち、世界各国を放浪。旅の途中、台湾で中国仙道と出会い、仙人たちに師事、仙道の本質を窮めようと修行に励む。現在、仙道の実践・研究の第一人者として多方面に活躍中。
(ショップ学研より転載)


現在新刊で入手できる同氏の気功の書(こちらも合わせておすすめします)
「秘術!超能力気功法奥義ー驚異の超常パワーを発揮する仙道気功法の応用と極意

著者 高藤聡一郎
出版社 学習研究社
出版年月1986.09

(表紙画像はショップ学研より、クリックでショップ学研商品ページにジャンプします)
「秘法超能力仙道入門」と「秘術超能力気功法奥義」についてのコメントの続きを読む
posted by ポンタ at 00:30 | Comment(0) | 気功・仙道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

ブックスミヤマ更新遅延のおわび

ゴールデンウイーク中は実家に帰省しており、更新が滞ったことをお詫びし申し上げます。
(田舎はダイヤルアップ回線です)
再びインターネット常時接続環境に帰ってきましたので、順次更新再開いたします。


(近所の桜をデジカメで撮影して来ました。山なので、5月に入ってもまだ、雪があたりまえのように残っています)
sakura 2.jpg
(写真サイズが1024×1516ピクセルもあります。
桜の美しさを損なわないよう極力サイズダウンを避けました。一旦ダウンロードしてからグラフィックソフトで開く事をおすすめします)
posted by ポンタ at 18:49 | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする